菜の花(読み)ナノハナ

  • 菜の花 (ナノハナ)

大辞林 第三版の解説

アブラナの花。また、アブラナの通称。 [季] 春。 -や月は東に日は西に /蕪村 なばな菜花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の菜の花の言及

【ナタネ(菜種)】より

…花は明るい黄色で,関東地方では4月中旬から開花する。採油用として中国から伝来して,日本で昔から栽培されたもので,〈菜の花や月は東に日は西に〉と詠まれたのは本種の開花風景であるが,現在は栽培はセイヨウアブラナにとって代わられて,ほとんど栽培されていない。染色体数n=10の二倍体である。…

※「菜の花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菜の花の関連情報