在来種(読み)ザイライシュ

世界大百科事典 第2版の解説

ざいらいしゅ【在来種】

もともとその地域に土着していた生物種のこと。この定義は必ずしも明確でなく,一般には歴史時代に入ってから,人類が外地から持ち込んだ生物種を導入種とか帰化生物といい,それ以前に土着した生物種を在来種という。しかし,近年では,たとえば新種の雑草が持ち込まれた場合に,それ以前に土着していた雑草を在来種ともいう。セイヨウタンポポが帰化植物となってから,従来のカントウタンポポその他の在来種の分布域はしだいに狭くなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ざいらいしゅ【在来種】

他地方の家畜・作物と交配されず、ある地方だけに長年飼育または栽培された品種。 → 外来種

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ざいらい‐しゅ【在来種】

〘名〙 ある地方で、長年他の地方の品種と交配されず飼育または栽培されてきた品種。たとえば、柿では祇園坊(広島)、会津身不知(福島)など、馬では木曾馬(長野)、御崎馬(宮崎)など。在来品種。地方種。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

在来種の関連情報