コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在来種 ザイライシュ

3件 の用語解説(在来種の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ざいらい‐しゅ【在来種】

動植物の品種のうち、ある地方の風土に適し、その地方で長年栽培または飼育されているもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ざいらいしゅ【在来種】

もともとその地域に土着していた生物種のこと。この定義は必ずしも明確でなく,一般には歴史時代に入ってから,人類が外地から持ち込んだ生物種を導入種とか帰化生物といい,それ以前に土着した生物種を在来種という。しかし,近年では,たとえば新種の雑草が持ち込まれた場合に,それ以前に土着していた雑草を在来種ともいう。セイヨウタンポポ帰化植物となってから,従来のカントウタンポポその他の在来種の分布域はしだいに狭くなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ざいらいしゅ【在来種】

他地方の家畜・作物と交配されず、ある地方だけに長年飼育または栽培された品種。 → 外来種

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

在来種の関連情報