鮭の酒浸し(読み)さけのさかびたし

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

さけのさかびたし【鮭の酒浸し】


新潟県村上市の郷土料理で、かたく干し上げた鮭の塩引き。塩引きは、鮭に塩をすり込んで一週間ほど寝かせ、塩を落として寒風にさらして乾燥させたもので、酒浸しは、これをさらに翌7月頃までかけてかたく仕上げたもの。薄くそぎ切りにして酒やみりんに浸して食べる。酒の肴などにする。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android