寒風(読み)カンプウ

  • さむかぜ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 さむい風。さむかぜ。《季・冬》
※新撰万葉(893‐913)上「寒風粛々雪封枝、更訝梅花満菀時」
※将門記(940頃か)「飢えたる従は寒風を含みて憂へ上る」 〔阮籍‐詠懐八十二首詩其九〕
〘名〙 寒い風。かんぷう。
※書紀(720)雄略即位前一〇月(前田本訓)「寒風(サムカゼ)の粛然(かすか)なる晨(とき)に、将に郊野に逍遙びて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒風の関連情報