寒風(読み)かんぷう

精選版 日本国語大辞典「寒風」の解説

かん‐ぷう【寒風】

〘名〙 さむい風。さむかぜ。《季・冬》
※新撰万葉(893‐913)上「寒風粛々雪封枝、更訝梅花満菀時」
※将門記(940頃か)「飢えたる従は寒風を含みて憂へ上る」 〔阮籍‐詠懐八十二首詩其九〕

さむ‐かぜ【寒風】

〘名〙 寒い風。かんぷう。
※書紀(720)雄略即位前一〇月(前田本訓)「寒風(サムカゼ)の粛然(かすか)なる(とき)に、将に郊野に逍遙びて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「寒風」の解説

さむ‐かぜ【寒風】

寒い風。かんぷう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android