鯉の衣煮(読み)こいのころもに

  • こい
  • の 衣煮(ころもに)

精選版 日本国語大辞典の解説

鯉料理の一種。鯉のうろこを、皮をつけたままはぎ、約四センチメートル角に切り、塩を入れて煎ってから、酒または水で煮ておく。身は三枚におろして約三センチメートルに切って、酒にひたし、味噌、塩、酢で十分に煮立てる。これを鯉の形に盛り、その上に先に煮ておいたうろこを散らして出す。〔大草殿より相伝之聞書(16C中か)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android