鰭小鯛(読み)ひれこだい

大辞林 第三版の解説

ひれこだい【鰭小鯛】

スズキ目の海魚。全長35センチメートルほど。タイの一種で、体形はチダイに似る。背びれの第三と第四棘きよくの先が糸状に長く伸びる。体色は背が美しい赤色で腹側は淡い。食用。南日本のやや沖合いの海底に分布。チコ。エビスダイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひれ‐こだい ‥こだひ【鰭小鯛】

〘名〙 スズキ目タイ科の海産魚。全長四〇センチメートルに達する。チダイに似ているが、背びれの第三、第四棘(きょく)が長く伸びている。美味で、チダイ・マダイの代用とする。東シナ海南部で漁獲される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報