コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱈・大口魚 たら

大辞林 第三版の解説

たら【鱈・大口魚】

タラ目タラ科に属する魚の総称。日本近海にはマダラ・スケトウダラ・コマイの三種がいる。全長30~120センチメートル。一般的に体形はやや延長し、前半部は太く、後半部に向かい細くなる。背びれは三つで尻びれは二つ。水産上の重要魚。北洋に広く分布。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鱈・大口魚の関連キーワード背びれ分布三つ三種総称北洋体形

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android