コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尺素往来 セキソオウライ

デジタル大辞泉の解説

せきそおうらい〔セキソワウライ〕【尺素往来】

室町中期の往来物。1巻。一条兼良著といわれる。文明13年(1481)以前の成立。年中行事や各種事物の話題を集めて、往復書簡の形式にまとめたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せきそおうらい【尺素往来】

室町時代の教科書。1巻。一条兼良の作と伝えられる。尺素とは1尺ばかりの絹布の意で,転じて手紙をいう。本書は往復2通の書簡から成っているが,書簡文例というよりも,書簡の形を借りて主要年中行事とそれに関係のある事物を列挙したもので,植物の名,室内を飾るための高価な品々の名,禅宗関係の仏画その他の用語,食料品の名など,室町時代の日常生活に必要な事物が網羅されている。往来物【大隅 和雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せきそおうらい【尺素往来】

往来物。一巻。著者未詳(一説に一条兼良とも)。室町中期成立。消息文形式で年中行事などの社会常識を盛り込んだ模範文例集。江戸時代に初等教育の教科書として利用された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尺素往来
せきそおうらい

室町期の教科書。古往来(こおうらい)の一つ。一巻。作者については「後成恩寺関白兼良(のちのじょうおんじかんぱくかねら)公」と掲げられており、一条兼良の撰(せん)と伝える。成立年代は不明。尺素とは手紙のことで、書状の形式をとって、社会生活に必要な多彩な知識・教養を広範囲に提供しているが、公家(くげ)の生活に限定せずに武家社会の生活にも触れているので、室町期の社会相を知る材料となる。本書前段には小朝拝(こぢょうはい)、三節会(せちえ)、御所的(ごしょまと)、聖廟法楽(せいびょうほうらく)などの年中行事とそれに関する各種事物、馬、弓、甲冑(かっちゅう)、鍛冶(かじ)などの武家の職能にかかわる事物が収められている。また後段には神訴(しんそ)、薬種(やくしゅ)、地震、祈祷(きとう)、本領事、相論、半済(はんぜい)事、難渋対捍(なんじゅうたいかん)之土民百姓、成敗、武官、僧官、二十二社、四箇大寺(よんかたいじ)、八宗(はっしゅう)、仏説法次第、三国五山などから、名筆掛絵、書院置物、屏風(びょうぶ)障子、絵具、粥(かゆ)、点心(てんじん)、諸食物、茶、菓子、布施物、さらに荼毘(だび)、忌日などまでを載せている。『群書類従』消息部所収。[新井孝重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone