コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥威し(読み)トリオドシ

大辞林 第三版の解説

とりおどし【鳥威し】

農作物に害を与える鳥を、おどかして追い払うために田畑に設けるもの。案山子かかし・鳴子なるこ・空砲の類。 [季] 秋。 《 弓少し張りすぎてあり- /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる