鳥打ち(読み)トリウチ

デジタル大辞泉の解説

とり‐うち【鳥打ち】

鉄砲で鳥を撃つこと。また、その人。
鳥打ち帽子」の略。
の上部のいちばん反りの大きい部分の上辺部。射落とした鳥をここで打ったという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とりうち【鳥打ち】

鳥を猟銃でうつこと。 「 -に出かける」
「鳥打ち帽子」の略。
弓の部分の名。末筈うらはずから37、8センチメートルぐらい下の所。大きく反りのついた部分で、射落とした鳥などをここで打つからという。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥打ちの関連情報