コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥打ち トリウチ

2件 の用語解説(鳥打ちの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とり‐うち【鳥打ち】

鉄砲で鳥を撃つこと。また、その人。
鳥打ち帽子」の略。
弓の上部のいちばん反りの大きい部分の上辺部。射落とした鳥をここで打ったという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とりうち【鳥打ち】

鳥を猟銃でうつこと。 「 -に出かける」
「鳥打ち帽子」の略。
弓の部分の名。末筈うらはずから37、8センチメートルぐらい下の所。大きく反りのついた部分で、射落とした鳥などをここで打つからという。 →

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥打ちの関連キーワード狐拳空鉄砲射撃鉄砲打ち鉄砲傷鉄砲腹野鉄砲発砲闇夜の鉄砲打方

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥打ちの関連情報