コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶉立ち ウズラダチ

デジタル大辞泉の解説

うずら‐だち〔うづら‐〕【×鶉立ち】

和室で、回りひざをしないでそのまま立ち上がること。礼儀に合わない立ち方とされる。
支度もせずに、不意に旅立つこと。
「今日は京町所でないと、胸算用のあは穂から―に立って」〈滑・古朽木〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うずらだち【鶉立ち】

和室で、座った姿勢から回り膝をしないでそのまま立ち上がること。無作法な立ち方。
急に思い立って旅に出ること。 「 -に立つて/滑稽本・古朽木」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鶉立ちの関連キーワード滑稽本

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android