コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麦打ち ムギウチ

デジタル大辞泉の解説

むぎ‐うち【麦打ち】

刈り取った麦の穂を、杵(きね)殻竿(からざお)で打って実を落とすこと。また、その殻竿。麦搗(つ)き。 夏》「―や哥(うた)も連なる姉妹/太祇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むぎうち【麦打ち】

刈り取った麦の穂を、殻竿からざおで打って実を落とすこと。また、その殻竿。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

麦打ちの関連キーワード衣川ふるさと自然塾殻竿・唐竿・連枷埼玉の麦打唄高橋美津子菊池正美麦打ち歌中里文音武正忠明麦搗き露の紫殻竿唄唐竿麦埃

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android