コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭太祇 たんたいぎ

8件 の用語解説(炭太祇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭太祇
たんたいぎ

[生]宝永6(1709).江戸
[没]明和8(1771).8.9. 京都
江戸時代中期の俳人。本姓不詳。別号,水語,宮商洞,三亭,不夜庵,徳母。法号,道源。水国,紀逸に師事,江戸座の宗匠となった。宝暦初め京都に移り,仏門に帰依して大徳寺に住した。宝暦4 (1754) 年一転して島原遊郭の中に不夜庵を結んで住み,桔梗屋の主人呑獅 (どんし) をはじめ妓楼の主人や遊女に俳諧を教えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たん‐たいぎ【炭太祇】

[1709~1771]江戸中期の俳人。江戸の人。40歳を過ぎてから京都の大徳寺の僧となり、のち島原遊郭に不夜庵を結び、与謝蕪村(よさぶそん)らと俳諧三昧(ざんまい)の生活を送る。句集「太祇句選」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

炭太祇【たんたいぎ】

太祇(たいぎ)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

炭太祇 たん-たいぎ

1709-1771 江戸時代中期の俳人。
宝永6年生まれ。雲津水国(くもつ-すいごく),慶紀逸(けい-きいつ)にまなぶ。諸国行脚して京都大徳寺の真珠庵にはいった。のち杉呑獅(どんし)にさそわれ,島原郭内にすむ。与謝蕪村(よさ-ぶそん)ともまじわった。明和8年8月9日死去。63歳。江戸出身。別号に水語,不夜庵など。法号は道源。姓は「すみ」ともよむ。著作に「太祇句選」など。
【格言など】初恋や灯籠(とうろう)によする顔と顔(「太祇句選」)

炭太祇 すみの-たいぎ

たん-たいぎ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

炭太祇

没年:明和8.8.9(1771.9.17)
生年:宝永6(1709)
江戸中期の俳人。炭は「すみ」とも。初号水語。別号不夜庵,徳母ほか。江戸の人。初め雲津水国門,のち慶紀逸門。寛延3(1750)年ごろ江戸判者に列した。宝暦1(1751)年奥羽を行脚し,秋ごろ上洛。翌2年2月,九州に杖を引き,5月に帰洛,そのまま京に住みついた。その後仏門に帰依し,同3年秋には法体して大徳寺真珠庵に入って道源と名乗った。やがてその僧房も出て,妓楼桔梗屋の主人呑獅の招きに応じて島原の不夜庵に居を移し,手習師匠兼業の宗匠となった。宝暦6(1756)年江戸へ帰省して師紀逸らと旧交を温めているが,その後活動は停滞する。明和3(1766)年夏,亡師宋阿(早野巴人)の夜半亭を継いだ与謝蕪村が俳諧結社「三菓社」を結成し,芭蕉の顕彰と俳風の革新を叫び始めると,太祇も刺激されて俳諧に復帰,以後没するまで6年間に彼の名を不朽のものとする作品を残す。遺句集に『太祇句選』(1772)があり,その作風は多様な趣向と的確な表現技巧に特色がある。「やぶ入の寝るやひとりの親の側」など人事句を得意とするが,「行く先に都の塔や秋の空」など叙景句にも優れたものがある。中興俳諧の最盛期に先立って没したにもかかわらず,当代の大家のひとりとして蕪村と並称される。<参考文献>池上義雄「炭太祇」(明治書院『俳句講座』3巻)

(加藤定彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たんたいぎ【炭太祇】

1709~1771) 江戸中期の俳人。号、不夜庵など。法号、道源。江戸の生まれ。慶紀逸らに俳諧を学び、人事句に巧み。島原遊郭に住み、蕪村と親交があった。編著「鬼貫句選」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭太祇
たんたいぎ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の炭太祇の言及

【太祇】より

…江戸中期の俳人。姓は炭(たん),別号は水語,不夜庵,三亭,宮商洞など。江戸の人か。俳諧は初め沾洲(せんしゆう)門の水国に学び,水語と号したが,1734年(享保19)水国が没し,やがて紀逸につく。48年(寛延1)太祇と改号,2年後の《時津風》には三亭太祇とあって,そのころ宗匠となったものと考えられる。51年(宝暦1)ころ京都に上り,翌年には五雲とともに九州におもむくが,5月にもどって京都に住みついた。…

※「炭太祇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

炭太祇の関連キーワード飯島珈凉金森桂吾舎羅陸雲子岱久炭はね斎藤賀子鶴海一漁(2代)里風帒一祇徳

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone