黄道面(読み)コウドウメン

デジタル大辞泉「黄道面」の解説

こうどう‐めん〔クワウダウ‐〕【黄道面】

宇宙空間で、惑星黄道輪切りにしたを含む面。恒星に対する公転軌道面。→赤道面

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黄道面の言及

【黄道】より

…太陽を中心にして公転している地球の平均の軌道面を黄道面といい,それが天球と交わった大円が黄道である。平均と真の軌道面との差は他の惑星の引力によって地球の軌道が変化することにより生ずるが,その大きさは角度の1秒以下である。…

※「黄道面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android