コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄頭回鶻(読み)こうとうかいこつ(英語表記)Huang-tou hui-hu; Huang-t`ou hui-hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄頭回鶻
こうとうかいこつ
Huang-tou hui-hu; Huang-t`ou hui-hu

中国北西部のチュルク系種族。宋代の史料にみえ,11~12世紀に甘粛からツァイダム (柴達木) あたりにいた。黄頭回鶻はサリ・ウイグルの訳で「黄頭」の意。元代の史料には撒里畏吾 (サリ・ウイグル) と記されている。古代ウイグル国家が滅亡したとき,甘粛地方に移った者の子孫であろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android