コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒山古墳群 くろやまこふんぐん

防府市歴史用語集の解説

黒山古墳群

 マツダ防府工場の東側にある黒山につくられた古墳です。横穴式石室[よこあなしきせきしつ]の古墳が4基と箱式石棺墓[はこしきせっかんぼ](黒山1号墳[くろやま1ごうふん])が1基あります。この中の1号墳は防府市内でもっとも古い古墳で、銅鏡[どうきょう]などが見つかっています。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android