黒山(読み)クロヤマ

  • こくざん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 木が黒々と茂っている山。
※御伽草子・ふせやの物語(室町物語大成所収)(室町中)「うしろはくろ山にて、くちをかといふやまべり」
② 人がおびただしくむらがっている様子をたとえていう語。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)初「あすこのことだから人は黒山のやうに集て見て居るけれど」
[一] 中国陝西省楡林県の西にある山。
[二] 中国山西省五台県の東南にある山。
[三] 中国内モンゴル自治区呼和浩特市の東南にある山。〔古詩‐木蘭詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の黒山の言及

【境】より

…そうした諸地名は,それぞれ独自な境界としての意味をもっている。例えば〈黒山(くろやま)〉は,古代以来の一種のタブー視された,原始樹海の生い茂った山であり,境界の山であったが,中世になると,そのような山にも開発の斧が入れられた。また〈中山(なかやま)〉というのは峠の地名であり,国境あるいは荘,郷,保,村の境として現れる。…

※「黒山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒山の関連情報