銅鏡(読み)ドウキョウ

防府市歴史用語集の解説

銅鏡

 青銅[せいどう]で作られた鏡です。弥生時代に中国や朝鮮半島から伝わり、日本でも作られるようになります。弥生時代に限らず、後の時代でも作られました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

どうきょう【銅鏡】

中国・朝鮮の古代、日本の弥生・古墳時代に主に製作された青銅製の鏡。円形の鏡面の背につまみと文様がある。獣帯鏡・画像鏡・画文帯四獣鏡・三角縁神獣鏡・斜縁神獣鏡など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の銅鏡の言及

【金属工芸】より

…青銅は銅に錫を加えた銅合金で鋳造製品に適し,放置しておくと青銹が出るところから青銅の名がある。白銅は青銅よりも錫分を多く含み,白色を呈し,銅鏡の鋳造に用いられた。近世には銅と亜鉛の合金である真鍮(しんちゆう)が発明され,日本にも16世紀後半に輸入された。…

※「銅鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銅鏡の関連情報