コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅鏡 ドウキョウ

防府市歴史用語集の解説

銅鏡

 青銅[せいどう]で作られた鏡です。弥生時代に中国や朝鮮半島から伝わり、日本でも作られるようになります。弥生時代に限らず、後の時代でも作られました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

どうきょう【銅鏡】

中国・朝鮮の古代、日本の弥生・古墳時代に主に製作された青銅製の鏡。円形の鏡面の背につまみと文様がある。獣帯鏡・画像鏡・画文帯四獣鏡・三角縁神獣鏡・斜縁神獣鏡など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の銅鏡の言及

【金属工芸】より

…青銅は銅に錫を加えた銅合金で鋳造製品に適し,放置しておくと青銹が出るところから青銅の名がある。白銅は青銅よりも錫分を多く含み,白色を呈し,銅鏡の鋳造に用いられた。近世には銅と亜鉛の合金である真鍮(しんちゆう)が発明され,日本にも16世紀後半に輸入された。…

※「銅鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銅鏡の関連キーワード福岡県立糸島高等学校郷土博物館京都府京都市中京区下本能寺前町鹿児島県姶良市蒲生町上久とく鹿児島県志布志市志布志町安楽鹿児島県薩摩川内市宮内町鹿児島県曽於郡大崎町假宿三重県桑名市多度町多度竹島御家老屋敷古墳景初四年銘盤龍鏡【ぼう】製鏡江田船山古墳三角縁神獣鏡開中費直穢人下小松古墳群黒山1号墳海獣葡萄鏡桜馬場遺跡黄金塚古墳大飛島遺跡大塚山古墳

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銅鏡の関連情報