コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅鏡 ドウキョウ

3件 の用語解説(銅鏡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どう‐きょう〔‐キヤウ〕【銅鏡】

青銅を磨いて作った鏡。円鏡のほか方鏡・八花鏡鈴鏡などがあり、背面にはさまざまな文様が配される。古代中国に始まり、日本では弥生時代から古墳時代にかけてさかんに製作され、祭祀などに用いられた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どうきょう【銅鏡】

中国・朝鮮の古代、日本の弥生・古墳時代に主に製作された青銅製の鏡。円形の鏡面の背につまみと文様がある。獣帯鏡・画像鏡・画文帯四獣鏡・三角縁神獣鏡・斜縁神獣鏡など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の銅鏡の言及

【金属工芸】より

…青銅は銅に錫を加えた銅合金で鋳造製品に適し,放置しておくと青銹が出るところから青銅の名がある。白銅は青銅よりも錫分を多く含み,白色を呈し,銅鏡の鋳造に用いられた。近世には銅と亜鉛の合金である真鍮(しんちゆう)が発明され,日本にも16世紀後半に輸入された。…

※「銅鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銅鏡の関連情報