コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横穴式石室 よこあなしきせきしつ

6件 の用語解説(横穴式石室の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横穴式石室
よこあなしきせきしつ

古墳の内部構造の一種。一方の側に外に通じる出入口をもつ石室をいう。遺体を納める部屋 (玄室) と外に通じる通路 (羨道) とから成る。中国では漢代に発達し,朝鮮を経て日本に伝わり,古墳時代の後半期に盛んに造られるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よこあなしき‐せきしつ【横穴式石室】

横方向に開口する石積みの墓室。日本では古墳時代後半を代表する墓室。石室とそれに連絡する通路とからなり、石積みの壁と天井石でつくる。→竪穴式石室

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

横穴式石室【よこあなしきせきしつ】

墳墓の石室の一種で,竪穴(たてあな)式石室の対。追葬が可能である。遺体を安置する玄室と,その前面から外部に通じる通路(羨道)からなる。中国では,漢代に【せん】で築いたものが発達したが,日本では古墳時代中期から古墳の内部構造として現れ,5世紀には九州の一部,6―7世紀には日本各地で作られた。
→関連項目井寺古墳王塚古墳金鈴塚古墳西都原古墳群石室前方後円墳竹原古墳藤ノ木古墳見瀬丸山古墳横穴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

横穴式石室

 古墳の石室[せきしつ]の一種で、朝鮮半島より伝わりました。石室の横に出入口があります。そのため、一度死者をほうむった後に、石室の中をきれいにして、別の死者をほうむることができます。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

よこあなしきせきしつ【横穴式石室】

埋葬施設の一。遺骸を安置する玄室を割り石・切り石などで築き、これに通じる羨道せんどうを前面に設ける。入り口が開閉でき、追葬が容易。古墳時代後期に行われた。 → 竪穴たてあな式石室

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横穴式石室
よこあなしきせきしつ

古墳の埋葬施設の形式の一つで、石室の一方の壁面に外部に通じる出入口が設けられているものをいう。形態、構造には種々の変化があるが、遺体を安置する主室である玄室は広く高い空間をもち、外部から玄室への通路である羨道(せんどう)をもつのが普通である。羨道入口である羨門封鎖設備の外部に墓道(ぼどう)があり、墓前祭祀(さいし)の遺物が残される。
 横穴式石室の内部には家形石棺、箱式石棺、陶棺、木棺などの棺が置かれる。横穴式石室はもともと追葬可能の構造であるから、玄室内に複数の棺が安置されることが多いが、なかには玄室だけでなく羨道にも棺が置かれ九棺24体の埋葬例もある。奥壁近くまたは玄室中央の棺が入念につくられ、もっとも豊富多量の遺物が副葬される。
 玄室と羨道の平面形から、玄室が羨道幅より両側に広い両袖(りょうそで)式、片側のみ広い片袖式、羨道と玄室の幅がほとんど変わらない袖無式の形態があり、玄室が前室と後室に分けられた複室構造をとるものや、末期には玄室が丸みをもつ胴張ものもある。
 石室の構築手法には、扁平割石小口積(へんぺいわりいしこぐちづみ)、持長石持送積(もちおくりづみ)、巨石野積、切石積(きりいしづみ)のほか、石材の乏しい地方では礫(れき)積などがある。巨大石室の場合には床面の下に排水施設をもつものもある。石室の壁面に朱、緑などの彩色で文様を描いたり、線刻を施した装飾古墳とよばれるものが、九州のほか各地に群をなして散在する。
 横穴式石室の葬法は、朝鮮を経て渡来した大陸系の墓制であるが、日本列島では竪穴(たてあな)系横口式とよばれる福岡県老司(ろうじ)古墳など5世紀初頭ないし前半のものを先駆的形態とし、九州のほか近畿、吉備(きび)では5世紀代に出現し、6世紀中葉には北陸、関東まで大形墳を主体に普及した。さらに6世紀後半には群小墳にまで採用された。巨石を用いた長大な横穴式石室は巨石墳とよばれ、6世紀中葉には出現するが、6世紀後半から6世紀末に極に達する。7世紀には、切石積石室が出現し、石室を巨大にすることから、石室内部を美しくする方向に変わる。[今井 尭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の横穴式石室の言及

【古墳文化】より

… さらに,従来よりも広い範囲の人びとが古墳を作るには,古墳自身もまた,それに適したものに変化してくる必要があった。それを促したものは,横穴式石室という新しい墓室の構造の採用である。この大陸系統の墓室の形式は,すでに中期に北九州地方に伝来していたが,それが全国的な流行をみるためには,新しい土木技術の普及をまたねばならなかった。…

【石室】より

…中期後半以後の例には,同じく竪穴式石室が盛行した朝鮮南部の影響が認められるものがある。長さ2m前後,幅1m足らずの小型のものは後期に多く,新しい例では退化した横穴式石室との区別が困難なものもある。また,九州を中心に,箱式石棺との折衷型式をとるものが見られるが,その場合は棺を用いないことが考えられる。…

【前方後円墳】より

…しかし,後期に入ると前方後円墳は全般的に小型化するとともに,後円部が縮小し,前方部は幅においても高さにおいても後円部を凌駕するようになる。その理由の一端としては,埋葬施設として横穴式石室が採用されたことが指摘され,玄室を後円部の中央に築き,羨道入口を後円部側面に設けなければならない横穴式石室の構造上の特質が,後円部の規模を規定したと説明されている。ただし,以上の変遷観は畿内の大型例を基礎としたものであり,地域によるずれや地方色も少なからず認められる。…

【装飾古墳】より

…壁画または浮彫,線刻などの装飾をもつ古墳の総称として用いる語。日本の古墳のうち,(1)浮彫または線刻で飾った石棺,(2)浮彫または線刻で飾った石障(せきしよう)をもつ横穴式石室,(3)壁面に彩色文様ないし壁画を描いた横穴式石室,(4)墓室の内壁または外壁に浮彫,線刻,彩色画などのある横穴,以上の4種をふくむ。しかし,日本以外の地域では,石棺に彫刻があっても装飾古墳ということはなく,墓室に壁画や浮彫があるものも,壁画墓,画像石墓などとはいうが,装飾古墳とはいわない。…

※「横穴式石室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

横穴式石室の関連キーワード仮埋葬埋葬虫重葬陪葬埋葬埋葬儀礼納骨/埋葬鏡塚古墳方形台状墓埋葬祭

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横穴式石室の関連情報