黒雲母花崗岩(読み)くろうんもかこうがん(英語表記)granitite

岩石学辞典「黒雲母花崗岩」の解説

黒雲母花崗岩

レオンハルドが黒雲母花崗岩に使用した[Leonhard : 1823].ローズは黒雲母花崗岩でオリゴクレースに富む岩石に用い[Rose : 1849],この考え方をローゼンブッシュが引き継いだ[Rosenbusch : 1877].その後カスレインは斜長石に富む角閃石花崗岩としたが[Cathrein : 1890],ホルムスは黒雲母花崗岩としている[Holmes : 1920].様々の意味で使用されたが現在はほとんど使用されない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android