コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼠志野 ねずみしの

大辞林 第三版の解説

ねずみしの【鼠志野】

志野焼の一。鉄化粧を施した素地を篦へらで搔き落として文様を表し、厚く長石釉を掛けて焼いたもの。鉄が焼けて鼠色を呈する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鼠志野の言及

【志野陶】より

…器種は茶碗,花生,水指,建水などの茶陶を主とし,鉢,皿,向付,猪口などの食器類のほか,香合(こうごう),油盞などさまざまのものがある。種類には,(1)文様のない無地志野,(2)釉下に鉄絵を施した絵志野(えしの),(3)素地に鉄分の多い泥漿(でいしよう)を施し,搔落し文様を施して長石釉をかけた鼠志野(ねずみしの),(4)やや鉄分の少ない泥漿をかけ,長石釉を施して赤く発色させた赤志野,(5)鉄分の多い土と白色の土を練り上げてつくった練上志野(ねりあげしの)などがある。16世紀前半に瀬戸,美濃で発生した,新様式の大窯で焼かれた高火度の灰・長珪石釉の展開過程において,天正年間(1573‐92)長石単味の施釉技法として生み出されたもので,美濃独特の和物茶陶および高級食器として珍重された。…

※「鼠志野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鼠志野の関連キーワード奥磯 栄麓志野陶長石釉菓子器志野焼素地鼠色文様

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android