コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素地 きじ ground material

5件 の用語解説(素地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

素地
きじ
ground material

造形作品,特に工芸品の加飾する前の素材をいう。作品を作る前の用材をいう場合もある。漆器では板物,挽物 (ひきもの) ,曲物 (まげもの) などの木材を多く用い,ほかに金属,陶器,合成樹脂,紙,皮なども素地として使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そ‐じ〔‐ヂ〕【素地】

手を加えない、もともとの性質。きじ。したじ。
何かをするときの基礎。土台。「素地があるのでのみこみが早い」

そ‐ち【素地】

そじ(素地)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そじ【素地】

加工されていない自然のままの状態・材質。生地きじ。 「 -の美しさを生かす」
もとからあった素質・素養。 「 -があるから後は稽古次第だ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

きじ【素地/生地】

陶磁器の製作において、それぞれの工程を施す前の状態のもの。粘土などを成形し焼成する前の状態や、素焼きの後釉薬を施す前の状態などをいう。また、漆器の製作において、木材などを成形した漆を塗る前の状態ものもいう。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の素地の言及

【土器】より

…粘土を水とともにこねて均質に仕上げた材料(素地(きじ),坏土(はいど))を,その可塑性を利用して造形し,よく乾燥させてから焼き上げた器。微小な孔やすき間がたくさんあいた多孔質であるため吸水性があり,中に水をいれるとにじみ出る。…

※「素地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

素地の関連キーワード加ふ図利根枻深掘り差圧予冷賀茂/加茂加賀屋町加木屋町改良二○加

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

素地の関連情報