コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼠舞ひ ネズミマイ

デジタル大辞泉の解説

ねずみ‐まい〔‐まひ〕【×鼠舞ひ】

(ネズミが穴を出ようか出まいかとようすをうかがうように)ためらうこと。まごまごすること。ねずまい。
「猪武者の尾につきて、―せし松寿が徒(ともがら)」〈読・弓張月・残〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねずみまい【鼠舞ひ】

〔鼠が穴から首だけを出して様子をうかがい、なかなか出ないことから〕
ためらうこと。なかなか態度を決めないこと。 「猫なでの姑に娵よめの-/柳多留 52

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鼠舞ひの関連キーワード柳多留

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android