コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椿説弓張月 ちんせつゆみはりづき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

椿説弓張月
ちんせつゆみはりづき

江戸時代後期の読本滝沢馬琴作。5編 28巻 29冊。文化4 (1807) ~8年刊。「鎮西八郎為朝外伝」の角書がある。伊豆の大島を逃れた源為朝琉球に渡り,内乱を鎮定して,その子は琉球王となる。『水滸後伝』の構想を借り,『保元物語』『難太平記』などを素材としている。雄大荘重な作風は,巷説や演劇に拠っていた従来の読本の殻を破り,中国演義小説の体をとった点で画期的な大作となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

椿説弓張月【ちんせつゆみはりづき】

曲亭馬琴作の読本(よみほん)。1807年―1811年刊。5編29冊。保元(ほうげん)の乱に敗れた源為朝漂泊を重ねたのち琉球に渡り,危機に立つ王女を助けて賊軍を平定し,一子国王に推挙される話。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちんせつゆみはりづき【椿説弓張月】

読本。曲亭馬琴作,葛飾北斎画。1807年(文化4)前編刊,11年完結。5編29冊から成る長編で,島渡り伝説で名高い鎮西八郎為朝を主人公としたロマン的な英雄小説。保元の乱に敗れ,朝敵汚名のもとに伊豆大島に流された為朝が,悲劇的な運命を甘受しつつも,妻白縫姫,一子舜天丸(すてまる),郎党鬼夜叉こと紀平治らとともに,伊豆から讃岐へ,讃岐から九州へ,九州から琉球へと漂泊をかさね,苦難に耐えながら正義に生きる物語。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちんせつゆみはりづき【椿説弓張月】

読本。五編二八巻。曲亭(滝沢)馬琴作、葛飾北斎画。1807~11年刊。鎮西八郎為朝を中心とする武勇伝。特に、為朝が大島で死なずに琉球に渡って活躍するという、空想によって書かれた後半が秀逸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

椿説弓張月
ちんせつゆみはりづき

江戸時代の読本(よみほん)。曲亭馬琴作、葛飾北斎(かつしかほくさい)挿絵。28巻29冊。前編は1807年(文化4)、後編、続編は1808年、拾遺は1810年、残編は1811年に江戸の平林庄五郎(しょうごろう)から刊行。少納言入道信西(しんぜい)との不和で九州へやられた源為朝(ためとも)は、八町礫紀平治(はっちょうつぶてのきへいじ)を家来にし、白縫(しらぬい)姫を妻として九州を平定したが、保元(ほうげん)の乱に敗れて伊豆大島に流される。そこでも為朝は善政を敷いたが、官軍に攻め寄せられ、鬼夜叉(おにやしゃ)を身代り死にさせて、九州を経て琉球(りゅうきゅう)に漂着した。琉球では、尚寧(しょうねい)王の暗愚に乗じて妖術(ようじゅつ)使い濛雲(もううん)が実権を奪い、奸臣(かんしん)利勇と対決していたが、為朝は世継ぎの王女を助けて、孤島に漂着していたわが子舜天丸(しゅんてんまる)や紀平治とともに濛雲を破り、琉球を平定した。舜天丸は王位につくが、為朝は昇天する。
 馬琴最初の本格的な史伝小説で、中国清(しん)代の白話(はくわ)小説『五虎平西前伝(ごこへいせいぜんでん)』に史実と虚構のない交ぜの方法などを学び、史上不遇の英雄を歴史の成功者に仕立てて、大衆の判官(ほうがん)びいきの心情に訴えた。雄大な建築的構想と絢爛(けんらん)たる文章とが相まって『南総里見八犬伝』と並ぶ傑作である。[徳田 武]
『後藤丹治校注『日本古典文学大系60・61 椿説弓張月』(1958、1962・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

椿説弓張月の関連キーワード助高屋 小伝次(初代)鶴沢 燕三(5代目)鶴沢燕三(5代)八町礫紀平治後藤 丹治三島由紀夫女護ヶ島化政文化女護が島玄同放言黒川胡桃菊地飛翔武勇伝滝沢伝奇台風

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

椿説弓張月の関連情報