龍脳丸(読み)りゅうのうがん

精選版 日本国語大辞典の解説

りゅうのう‐がん リュウナウグヮン【龍脳丸】

〘名〙 龍脳①を主剤とした漢方製剤。古くから知られ、鎮痛・消炎の効がある。〔俳諧・毛吹草(1638)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報