コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

12角の石 じゅうにかくのいし

1件 の用語解説(12角の石の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

じゅうにかくのいし【12角の石】

ペルーの古都クスコにある石材建築。アトゥンルミヨク通り沿いの壁の中央あたり、宗教芸術博物館を支えるインカの礎石(そせき)の中にあり、ほかの石と比べるとひと回り大きい。インカの石材建築は、「カミソリの刃1枚さえ通さない」といわれているが、通常は四角いものを、複雑な12角に積み上げ、寸分の狂いもなく接合させている。◇「クスコ」はケチュア語で「ヘソ」という意味。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

12角の石の関連キーワードアレキパブルートゥスオフリド湖クレアトゥールNEXCO西日本トゥースアウト・トゥ・ランチペルー・ドッグシクラス遺跡ペルビアン・ステッパー種 (Peruvian Stepper)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone