コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1905年10月1日、街頭にて

1件 の用語解説(1905年10月1日、街頭にての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

1905年10月1日、街頭にて

チェコの作曲家レオシュ・ヤナーチェクのピアノ曲(1905)。原題《1. X. 1905》。『ピアノソナタ』、『街頭にて』とも呼ばれる。題名が示す日のデモの最中に命を落とした労働者を追悼するために作曲された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

1905年10月1日、街頭にての関連キーワードおとぎ話街頭にて消えた男の日記霧の中で草かげの小径を通ってグラゴル・ミサシンフォニエッタタラス・ブーリバないしょの手紙ヤナーチェク四重奏団

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone