コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最中 もなか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最中
もなか

和菓子の一種もち米粒でつくった薄いの間にあんをはさんだもの。江戸時代に考案されたといわれ,当時は中月と称していた。最中皮のつくり方はもち米粉を水で練り,蒸してから薄く伸ばし焼型にはさんで焼く。この皮にあんを入れ,もう1枚の最中皮の合せ目を濡れ布で湿らして合せる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さい‐ちゅう【最中】

[名]
動作・状態などが、いちばん盛んな状態にあるとき。進行中のとき。まっさかり。さなか。「今が暑い最中だ」「食事の最中
まんなか。
いちばん盛りの状態にある人。
「渡辺党の―なり」〈盛衰記・一四〉
[副]しきりに。
「三皿目のシチウを今三人で―食っている」〈虚子俳諧師

さ‐なか【最中】

たけなわであるとき。さいちゅう。「夏の最中」「忙しい最中

も‐なか【最中】

真っ盛り。さいちゅう。
「ころは夏の―、月影さやかなる夜であった」〈独歩・少年の悲哀
中央。まんなか。
「水の面に照る月波を数ふれば今宵ぞ秋の―なりける」〈拾遺・秋〉
《形を「最中の月」に模したところから》和菓子の一。糯米(もちごめ)の粉をこね、薄くのばして焼いた皮を2枚合わせ、中にあんを詰めたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

最中【もなか】

和菓子の一種。もち米粉をこねて蒸し,薄く伸ばして型をとり,焼いて皮(最中だね)とし,2枚で餡(あん)を包む。皮の形は円,角,菊,梅鉢など各種。もとは円形で最中の月と称し,干菓子の一種であったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

もなか【最中】

和菓子の一種。もち米の粉を蒸して薄くのばし、型を用いてさまざまな形に焼いた2枚の皮を合わせ、中にあんを詰めたもの。◇江戸時代後期、新吉原仲の町にあった和菓子店「竹村伊勢」で考案されたものとされる。「最中」は「真ん中」「真っ最中(さいちゅう)」の意で、十五夜をいうこともあった。菓子は当初円形で、銘は仲秋の名月に見立てて「最中の月」。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もなか【最中】

和菓子の一種。もち米の粉を水でこねて蒸し,餅について薄くのばし,型抜きして焼いたもなか種(だね)と呼ぶ皮を2枚用いて,その中にあんをはさんだもの。風来山人平賀源内の《根無草後編》(1769)に〈最中の月は竹村に仕出す〉とあるように,江戸新吉原の廓(くるわ)内にあった菓子屋竹村伊勢の創製になるもので,円形であったため十五夜の月になぞらえて,初めは〈最中の月〉と呼んだ。やがて〈最中〉とのみ通称されるようになったが,当初のものの実態は必ずしも明らかでなく,あんころ餅だとする説もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいちゅう【最中】

( 名 )
動作・状態が現在進行していること。物事がたけなわの時。さなか。 「試合の-に雨が降り出す」
まんなか。中央。 〔ヘボン〕
( 副 )
盛んに。しきりに。 「三皿目のシチウを今三人で-食つてゐる/俳諧師 虚子

さなか【最中】

物事が盛んに行われているとき。さいちゅう。もなか。 「激戦の-」 「大雨の-に外へ飛び出す」

もなか【最中】

さいちゅう。たけなわ。 「哲学研究の-なりと聞えぬ/当世書生気質 逍遥
まんなか。中央。 「御堂の御前の-に舞台結はせて/栄花 音楽
和菓子の名。薄く焼いた糯米もちごめ製の皮を二片合わせ、その中に餡あんを詰めたもの。形が「最中の月」に似ていることからいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

最中
もなか

和菓子の一種。最中の皮を煎餅種(せんべいだね)というように、元来は干菓子であったが、1805年(文化2)に江戸・吉原(よしわら)の竹村伊勢大掾(いせだいじょう)の職人が、煎餅種の半端(はんぱ)ものに使い残しの餡(あん)を入れて売り出したのがあたり、最中は餡を入れるのが普通となって半生(なま)菓子になった。最中の考案された経緯から、これを雑菓子とみて引菓子に用いるのを嫌う向きもあるが、現在は優れた最中が多くつくられている。最中の皮は糯米(もちごめ)の粉を水でこねて蒸し、薄くのしたものを丸く切って焼く。ぱりっとした皮の風味が身上(しんじょう)である。餡は小豆(あずき)の粒餡、こし餡のほか、うぐいす餡、白餡、ゆず餡、ごま餡、黒糖餡、ひき茶餡、栗(くり)餡もある。最中の姿は、『拾遺和歌集(しゅういわかしゅう)』に「池の面(も)に照る月なみをかぞふれば こよひぞ秋の最中なりける」(源順(したごう))とある陰暦十五夜の満月が天心にかかった形で、円月形が本来だが、いまは形、文様など種々になった。有名な最中には東京の塩瀬の袖(そで)ヶ浦、空也(くうや)最中、喜作(きさく)最中、秋色(しゅうしき)最中、石川県金沢の加賀さま、栃木県足利(あしかが)の古印(こいん)最中、三重県松阪の老伴(おいのとも)、富山県高岡の江出乃月(えでのつき)などがある。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

最中の関連キーワード区内町御用達最中ランタイムエラーピーナッツ最中田子の月もなかみその菊最中南部おたから当世書生気質うさぎもなかあきあじ最中ランタイム都電もなか手が塞がる袖ケ浦最中すくのかめかみなが姫三角だるま関さば最中関あじ最中目面を摑むご存知最中

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最中の関連情報