コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

3S さんエス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

3S
さんエス

標準化 standardization,簡素化 (単純化) simplification,専門化 specializationの3つのSをいう。広い意味での標準化により工業生産を円滑化するための3つの要素である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

3Sの関連キーワードベンゼンスルホン酸(データノート)ヒーズルウッド鉱(データノート)ダイアフォル鉱(データノート)スルファニル酸(データノート)サッカリン(データノート)アンドル鉱(データノート)サイクラミン酸ナトリウムタウリン(データノート)ヘルビン(データノート)メチオニンスルホキシド生野鉱(データノート)豊羽鉱(データノート)ワッケンローダー溶液アセトアセチルCoAリーマンのゼータ関数スルホニウム化合物清潔(5S用語)チアベンダゾールスルファミン酸メチレンブルー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

3Sの関連情報