コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Akha Akha

世界大百科事典内のAkhaの言及

【ハニ族(哈尼族)】より

…すなわち,紅河ハニ族イ族自治州に分布する〈ハニ〉系,墨江を中心とする思茅地区の〈ピヨ(碧約)〉系,〈ホニ(豪尼)〉系,シーサンパンナ(西双版納)地区の〈アイニー(僾尼)〉系である。なお東南アジアに南下した一派はアカAkha族として知られている。歴史的には3世紀の〈和夷〉や唐・宋時代に現れた烏蛮の一派〈和蛮〉にその系譜をたどりうると思われるが,大理国(937‐1254)の時代,その地で勢力のあった和蛮は烏蛮三十七蛮部の7部族として紅河地域に台頭し,なかでも因遠部は最強でみずから〈羅槃国〉と称した。…

※「Akha」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Akhaの関連キーワードマハネイェフダ市場ブラック・ムスリムサハダイヤモンドプレシチェーエフアフマドゥーリナハニ族(哈尼族)イングーシェチアアストラカン毛皮スタハーノフ運動バダーウーニーサハ[共和国]カラハン宣言日ソ基本条約日ソ漁業条約アカイア同盟キアロスタミパラーディー法螺(ほら)アケメネス朝アワルア鉱

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android