コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法螺 ホウラ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐ら〔ホフ‐〕【法×螺】

ほら(法螺)」に同じ。

ほ‐ら【×螺】

[名]
法螺貝」の略。
大げさに言うこと。でたらめを言うこと。また、その話。
[形動ナリ]利益が意外に多いさま。
「これを思ふに、―なる金銀まうくる故なり」〈浮・永代蔵・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

法螺【ほら】

インドで,人を集めるのにホラガイを吹いたのを,仏の説に集まる人の盛んなさまにたとえ,また仏の説法そのものにもたとえた。日本では,山伏が悪獣を追うために用いたが,のち重要な法具となり,法会でも用いるようになった。
→関連項目ホラガイ(法螺貝)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうら【法螺】

( 名 )
ほら(法螺) 」に同じ。
( 形動 )
〔「ぼうら」とも〕 大きな口をきくさま。誇大に言うさま。 「かうていかめい-な事を云ふぞ/史記抄 8

ほら【法螺】

( 名 )
法螺貝 」に同じ。
法螺貝 」に同じ。
大げさに言うこと。大げさなうそ。誇張した自慢。
( 形動ナリ )
もうけなどが意外に多いさま。 「 -なる金銀まうくる故なり/浮世草子・永代蔵 4
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

法螺の関連キーワード法螺貝・吹螺・梭尾貝トリトン(神話)法螺(ほうら)蝸牛(狂言)法螺(ほら)でろれん祭文吹く・噴く仁阿弥道八法螺を吹く貝鐘・貝鉦阿呆陀羅経天曹地府祭天竺浪人法螺の貝トリトン河越館跡法螺男爵永野重雄吹通し修験者

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法螺の関連情報