Aquilegia

翻訳|aquilegia

世界大百科事典内のAquilegiaの言及

【オダマキ】より

…日本で古くから庭に植えられるキンポウゲ科の多年草(イラスト)。オダマキの名は,その花容が苧環(おだまき),すなわち紡ぎ糸を巻く糸巻きの形に似るところから名付けられた。オダマキ属Aquilegiaの英名columbineはハト(鳩)の意で,その花容をハトが飛ぶ姿に見立てたものであろう。根茎は直立分岐し,根生葉を叢生(そうせい)する。根生葉は越冬し,2回3出複葉,小葉身は浅裂するが鋸歯はない。裏面は白色を帯びる。…

※「Aquilegia」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android