山苧環(読み)やまおだまき

精選版 日本国語大辞典「山苧環」の解説

やま‐おだまき ‥をだまき【山苧環】

〘名〙 キンポウゲ科多年草。本州、四国、九州の山地に生える。高さ三〇~七〇センチメートル。枝は褐紫色。根葉は長柄をもち二回三出複葉。小葉は広いくさび形で深く二~三裂する。初夏、細長いのある五弁花を下向きに開く。花弁は黄色でがくは紫褐色。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「山苧環」の解説

やま‐おだまき〔‐をだまき〕【山×環】

キンポウゲ科の多年草。山地に生え、高さ30~50センチ。は紫褐色を帯び、葉は深い切れ込みのある小葉からなる複葉。6月ごろ、花を下向きに開き、(がく)は紫褐色、花びらは黄色で距(きょ)が長い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「山苧環」の解説

山苧環 (ヤマオダマキ)

学名Aquilegia buergeriana
植物。キンポウゲ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android