コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BSP試験 ビーエスピーしけんBromsulphalein test

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

BSP試験
ビーエスピーしけん
Bromsulphalein test

肝機能検査法の一つ。検査用試薬のブロムサルファレン BSPを静脈内に注射すると,健康な人ならば,すみやかに肝臓から胆汁に排泄されるので,その血液中からの排泄速度によって肝機能の一部が測定できる。臨床検査では,体重 1kgあたり 5mgを注射し,30分後の血清中に5%以上含まれているものを肝障害と判定する。ときに副作用として,局所発赤アレルギー反応,ショックなどが起るため,使用には十分注意が必要。最近では,ICG (インドシアングリーン) 法が一般的になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

BSP試験の関連キーワード肝機能検査法

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android