Bulgakov,S.N.(英語表記)BulgakovSN

世界大百科事典内のBulgakov,S.N.の言及

【合法マルクス主義】より

…ストルーベは代表的マルクス主義者とみなされ,98年,ロシア社会民主労働党の創立大会の宣言執筆を依頼されたほどである。しかし,ストルーベ,トゥガン・バラノフスキー,ブルガーコフS.N.Bulgakov(1871‐1944),ベルジャーエフらは,マルクス主義と距離を保ち,批判的立場をとり,しだいにリベラリズムへ傾斜していった。1900年,正統派とストルーベらとの提携のなかで両派の立場の相違が鮮明になり,ストルーベらが1902年機関紙《解放》を出すと両派は分離,断絶し,ストルーベらには〈合法マルクス主義〉の烙印がさかのぼって押されることになった。…

【道標】より

…1909年にモスクワで刊行され,当時のロシア社会に賛否両論の大論争を巻き起こした。執筆者は7名で,P.B.ストルーベ,N.A.ベルジャーエフ,ブルガーコフSergei N.Bulgakov(1871‐1944),ゲルシェンゾーンMikhail O.Gershenzon(1869‐1925),フランクSemyon L.Frank(1877‐1950)らであった。かつてマルクス主義を奉じ,1900年前後から反マルクス主義の立場へ移った哲学者,政論家,文学者たちが中心である。…

※「Bulgakov,S.N.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android