ミハイル ブルガーコフ(英語表記)Mikhail Afanas’evich Bulgakov

20世紀西洋人名事典の解説

ミハイル ブルガーコフ
Mikhail Afanas’evich Bulgakov


1891.5.2.(14.説あり) - 1940.3.10
ソ連の作家,劇作家。
別名Mihail Afanas’evič Bulgakov。
父はキエフ神学校教授。医師を経て、1921年モスクワに移り、新聞等の編集に携わる傍ら、自伝的長編「白衛軍」を執筆。その後「悪魔物語」(’25年)、SF「犬の心臓」でソ連社会の現実を風刺、反革命側に同情的として痛烈に批判され、発表の場を奪われる。モスクワ劇場で上演され、大成功を収めた戯曲「トゥルビン家の日々」(’26年)も上映禁止となる。’29年から死の直前まで書かれた大作「巨匠とマルガリータ」はキリスト教に根ざした深遠な思想を展開し、20世紀文学の最高峰の一つに数えられ、死後26年を経て発表され、一躍彼の名を有名にした。他の作品に「モリエール」(’30年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ミハイル ブルガーコフ

生年月日:1891年5月14日
ソ連の作家;劇作家
1940年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android