コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合法マルクス主義 ごうほうマルクスしゅぎlegal’nyi marksizm[ロシア]

世界大百科事典 第2版の解説

ごうほうマルクスしゅぎ【合法マルクス主義 legal’nyi marksizm[ロシア]】

1901年ころ,レーニンがかつての協力者P.B.ストルーベらに対し蔑称として使った言葉。この名称の由来を合法出版物を利用したことに帰する説明もあるが,プレハーノフやレーニンも合法出版を利用した点を考えると,適切ではない。1890年代にロシアでマルクス主義が広まり始めると,ナロードニキ主義との間で激しい論争が起こった。政府当局はナロードニキを恐れるあまり,彼らの力をそごうとしてマルクス主義的文献への検閲を緩和した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

合法マルクス主義の関連キーワードピョートル・B. ストルーベトゥガン=バラノフスキートゥガン・バラノフスキーストルーベ市場論争

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android