コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合法マルクス主義 ごうほうマルクスしゅぎlegal’nyi marksizm[ロシア]

世界大百科事典 第2版の解説

ごうほうマルクスしゅぎ【合法マルクス主義 legal’nyi marksizm[ロシア]】

1901年ころ,レーニンがかつての協力者P.B.ストルーベらに対し蔑称として使った言葉。この名称の由来を合法出版物を利用したことに帰する説明もあるが,プレハーノフやレーニンも合法出版を利用した点を考えると,適切ではない。1890年代にロシアマルクス主義が広まり始めると,ナロードニキ主義との間で激しい論争が起こった。政府当局はナロードニキを恐れるあまり,彼らの力をそごうとしてマルクス主義的文献への検閲を緩和した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合法マルクス主義の関連キーワード正岡子規ノーベル賞カクランノルデンショルドブラントンロッシュ星亨草かげの小径にてデトロイト・タイガースカイペル

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone