コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

C60 シーろくじゅうcarbon 60

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

C60
シーろくじゅう
carbon 60

炭素原子 60個よりなる分子でフラーレンの代表例となっている。石墨やダイヤモンドと同様炭素同素体で構成原子は炭素のみであるが,その結合様式は異なり,サッカーボール状の形状 (切頭 20面体) をしている。そのためサッカーボール型分子とも呼ばれる。分子は直径約 7.1Åの中空分子。1970年に大沢映二教授によりその存在が理論的に予言され,1985年に R.F.カール,H.W.クロート,R.E.スモーリーによりヘリウム中でレーザー照射した黒鉛生成物のなかにその存在が確認された。1990年,ドイツの W.クレッチマーが黒鉛を電極とし,低圧ヘリウムガス中の放電で得られるすすより C60を分離精製した。黒色粉末であるが,有機溶媒に溶け,ワインレッドの溶液となる。半導体や超伝導体の材料として,その可能性が注目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

C60の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)漢字Talk 7.5.5西・南アジア史(年表)ボラン(データノート)総合年表(ヨーロッパ)総合年表(アフリカ)カーボンナノチューブハロルド クロートPippin飯島澄男谷亜沙子分子磁石新海征治炭素原子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android