コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機溶媒 ユウキヨウバイ

デジタル大辞泉の解説

ゆうき‐ようばい〔イウキ‐〕【有機溶媒】

水に溶けない物質を溶かす、常温常圧で液体有機化合物総称エタノールベンゼンアセトンクロロホルムなど。有機溶剤
[補説]毒性があり、吸入や接触によって頭痛・めまい・意識障害などの中毒症状、皮膚粘膜炎症中枢神経腎臓肝臓造血器の障害などを起こすことがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

有機溶媒

 有機溶剤ともいう.有機化合物であって他の物質を溶解するもの.固体も液体もある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

有機溶媒の関連キーワードイソアミルアルコールアルギン酸カルシウムシクロヘキシルアミンインドール(化学)トリクロロエチレンヒドラゾベンゼンテトロドトキシンペーパーセメントメシチルオキシド塩化アルミニウムエチルアルコールアセトフェノン脂溶性ビタミンアントラキノンイオン液体電池エチルエステルブロモホルムスルホキシド色素レーザー液体レーザー

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android