コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CMM しーえむえむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CMM

Color Management ModuleあるいはColor Management Methodの略。各デバイスごとに異なる色再現域を補正し、デバイス間での色の受け渡しを管理することにより、各デバイスで再現される色のマッチングを行なう色管理エンジン。ColorSyncではHeidelberg(LinoColor)/Kodak/AgfaのCMMを使用できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

CMM

〖Capability Maturity Model〗
ソフトウエア開発・保守の能力成熟度を測定する品質管理基準。5 段階のレベルがある。ソフトウエア開発における品質と生産効率の向上をめざす管理手法として用いられる。アメリカのカーネギー-メロン大学ソフトウエア工学研究所が提唱。能力成熟度モデル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android