コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Callicarpa Callicarpa

世界大百科事典内のCallicarpaの言及

【ムラサキシキブ】より

…山地に生えるクマツヅラ科の落葉低木(イラスト)。和名は美しい果実を才媛,紫式部の名を借りて美化したものだろう。幹は高さ1.5~3m,小枝は円くて斜上し,若いときは粉状の星状毛がある。葉は対生し,長楕円形で鋸歯があり,基部はくさび形で短い葉柄がある。花は淡紫色で,6~7月ころ,葉腋(ようえき)から出る柄のある集散花序につき,径約5mm。花冠は鐘形で先は4裂し,4本のおしべと1本の花柱がつき出ている。果実は球形で秋に美しい紫色となり,鳥に食べられて種子を散布する。…

※「Callicarpa」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Callicarpaの関連キーワードクマツヅラ科大紫式部沖縄藪紫大葉島紫小紫式部裏白小紫紫式部藪紫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android