Cedrela

世界大百科事典内のCedrelaの言及

【チャンチン】より

…中国原産のセンダン科の落葉高木で,日本でも庭園などによく植えられている。樹幹は通直で,大きいものは高さ20~30m,直径90cmになる。葉は長さ30~50cmの奇数または偶数羽状複葉で,互生する。小葉は5~11対あり,長さ8~15cmの長楕円形~卵形で,全縁または少数の低い鋸歯がある。花は緑白色,両性の小花で,6~7月ころ,大きい円錐花序に咲く。萼片,花弁,おしべは各5本。特有のにおいがある。果実は革質または木質の蒴果(さくか)で,長さ約2cmの長楕円形。…

※「Cedrela」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android