コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Debierne,A. DebierneA

世界大百科事典内のDebierne,A.の言及

【アクチニウム】より

…多くの同位体が知られているが,半減期の最も長いものは227Ac(21.6年)。1899年,フランスのドビエルヌAndré Debierneは,ピッチブレンドからウランを分離した残留物中に新しい放射性元素を発見し,〈光〉〈放射線〉を意味するギリシア語のaktinosまたはaktisにちなんで命名した。また1902年ドイツのギーゼルFriedrich Oskar Gieselが独立に発見したエマニウムemaniumは,のちにアクチニウムと同じものであることがわかった。…

※「Debierne,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Debierne,A.の関連キーワードアクチニウムアクチニウム

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android