コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Dewar,M.J.S.(英語表記)DewarMJS

世界大百科事典内のDewar,M.J.S.の言及

【トロポロン】より

…野副鉄男は1935年ころからタイワンヒノキの酸性成分からヒノキチオール(図2)を単離し,ほぼ現在の構造式に到達していたが,第2次大戦前後の時期であったため,成果が海外に伝わらなかった。この間,1945年イギリスのデュワーM.J.S.Dewarはコルヒチン(図3)などの骨格構造として図1を示唆し,トロポロンと命名した。 無色針状結晶で,融点49~50℃。…

※「Dewar,M.J.S.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる