F1地上の夢(読み)エフワンチジョウノユメ

デジタル大辞泉「F1地上の夢」の解説

エフワンちじょうのゆめ〔‐チジヤウのゆめ〕【F1地上の夢】

海老沢泰久のノンフィクション作品。昭和62年(1987)刊。翌昭和63年(1988)、第7回新田次郎文学賞受賞。本田技研工業F1グランプリ参戦から、コンストラクターズチャンピオンとなるまでの軌跡を追う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android