コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海老沢泰久 エビサワヤスヒサ

2件 の用語解説(海老沢泰久の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えびさわ‐やすひさ〔えびさは‐〕【海老沢泰久】

[1950~2009]小説家。茨城の生まれ。自動車レースなどのスポーツを描いた小説で知られる。「帰郷」で直木賞受賞。他に「」「監督」「F1地上の夢」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海老沢泰久 えびさわ-やすひさ

1950-2009 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和25年1月22日生まれ。母校国学院大の助手をつとめ,昭和49年「乱」で小説新潮新人賞。52年文筆生活にはいる。「監督」「F2グランプリ」などのスポーツもので注目され,63年「F1地上の夢」で新田次郎文学賞,平成6年「帰郷」で直木賞。平成21年8月13日死去。59歳。茨城県出身。作品はほかに「空を飛んだオッチ」「ぼくの好きなゴルフ」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

海老沢泰久の関連キーワード自動車事故背泳染料工業吹雪冤罪バタフライ山田朱莉学校法人登録記念物中南米映画

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海老沢泰久の関連情報