海老沢泰久(読み)えびさわ やすひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「海老沢泰久」の解説

海老沢泰久 えびさわ-やすひさ

1950-2009 昭和後期-平成時代の小説家
昭和25年1月22日生まれ。母校国学院大の助手をつとめ,昭和49年「」で小説新潮新人賞。52年文筆生活にはいる。「監督」「F2グランプリ」などのスポーツもので注目され,63年「F1地上の夢」で新田次郎文学賞,平成6年「帰郷」で直木賞。平成21年8月13日死去。59歳。茨城県出身。作品はほかに「空を飛んだオッチ」「ぼくの好きなゴルフ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android