本田技研工業(読み)ほんだぎけんこうぎょう(英語表記)Honda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「本田技研工業」の解説

本田技研工業
ほんだぎけんこうぎょう
Honda

自動車,オートバイのメーカー。二輪では世界トップ。本田宗一郎が 1946年に静岡県浜松市に開設した本田技術研究所を母体として 1948年に設立。1947年の自転車用補助エンジンを皮切りにオートバイの生産を開始。1949年には本格オートバイ「ドリーム」を開発,オートバイブームを興して急成長した。特に 1958年発売の「スーパーカブ」は,生産台数 1億台以上というロングセラー商品となっている。1960年,研究開発部門として本田技術研究所が独立。1963年からは自動車の生産も始め,「シビック」「アコード」などを販売。1959年にアメリカ合衆国に初の現地法人を設立して以降,世界各地に支社をもつ。アメリカでは 1982年に日本のメーカーとして初めて自動車の現地生産を開始した。カナダメキシコブラジル,アルゼンチン,タイをはじめとして海外での現地生産も活発。オートバイ,自動車を中心に,耕耘機,汎用エンジン,小型発電機など事業は多岐にわたる。1964年,F1に初参戦。2000年,二足歩行ロボット ASIMOを発表した。本社所在地は東京都港区。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android