コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FDM エフディーエムFDM

デジタル大辞泉の解説

エフ‐ディー‐エム【FDM】[frequency division multiplexing]

frequency division multiplexing周波数分割多重。同時に複数の信号を異なる周波数帯に割り当て送受信する方式のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

FDM

周波数分割多重方式」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

FDM

〖frequency-division multiplex〗
周波数分割多重化方式。周波数帯域をいくつかに分割し、それぞれをチャンネルとして用いて複数のアナログ信号を伝送する方式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のFDMの言及

【周波数分割多重通信】より

多重通信の一種。FDMと略称する。一つの伝送路を複数の周波数帯域に分割し,それぞれの帯域に異なった通信路を割り当てる方式をいう。…

※「FDM」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

FDMの関連キーワードfrequency division multiplexingDSSSIEEE802.11直交波周波数分割多重周波数分割多元接続周波数分割多重接続直交周波数分割多重周波数分割多重通信ガードインターバルFDMハイアラーキシングルキャリアVESAマウント空間分割多元接続第1世代携帯電話時分割多重通信3Dプリンタースピネル型構造多重変換装置SBTVD自動車電話

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android