FEC療法(読み)フェックリョウホウ

デジタル大辞泉の解説

フェック‐りょうほう〔‐レウハフ〕【FEC療法】

乳癌(にゅうがん)の治療法の一つ。フルオロウラシル・エピルビシン・シクロホスファミドという3種類の抗癌剤を併用して投与する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android