乳癌(読み)にゅうがん(英語表記)breast cancer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳癌
にゅうがん
breast cancer

乳房(→乳腺)の。おもに,乳管あるいは腺葉を形成する上皮細胞から発生する。マンモグラフィーなどによる検診で疑いを指摘される場合があるほか,自身で乳房しこりに気づいて診断にいたる場合などがある。進行すると,しこりの真上の皮膚が収縮したり,色が変化したりする。乳頭から出血することがあり(→出血乳房),腋窩リンパ節(→腋窩)も触知されるようになる。身体各部に血行転移する。しこりが見つかる前に,離れた臓器に転移して見つかることもある。診断は専門の乳腺外科などが担当し,マンモグラフィーの追加撮影,超音波検査のほか,必要に応じて針生検(→生検)などを行なう。核磁気共鳴 NMR(→磁気共鳴画像 MRI),コンピュータ断層撮影 CT検査が行なわれることもある。治療は,切除手術(一部または全部。→乳房切断術)や放射線治療,薬物療法(ホルモン療法,化学療法,分子標的治療など)がある。それぞれ単独で行なう場合と,複数を組み合わせる場合がある。癌の性質や病期などを考慮して治療法を決める。女性の癌としては最も多く,年齢とともに罹患率は高くなる。発生には女性ホルモンエストロゲンが関係しているとされ,初経年齢,妊娠や出産経験の有無,初産の年齢などが影響する。早期に発見し適切な治療を受ければ生存率は上がる。欧米では近年,死亡率は低下傾向にあるが,日本は検診の受診率が低く,死亡率は増加傾向にある。男性にもごくまれに発生する(→男子乳癌)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐がん【乳×癌】

乳腺にできる癌。40歳以上の女性に多く、初め乳房にしこりができるが、痛みはない。早期発見による切除のほか、放射線制癌剤による治療がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

乳癌【にゅうがん】

女性の癌では胃癌子宮癌などとともに多い。まれには男性にもみられる。40〜50歳に最も多く,疼痛(とうつう)などの自覚症状はないが,乳腺内の硬結が触診される。癌腫(しゅ)が大きくなるとしばしば皮膚に潰瘍(かいよう)をつくる。腋窩(えきか)・胸骨リンパ節に転移しやすく,さらに進展すると全身の骨や肺などに転移する。乳腺の硬結が起こる病気には他に乳腺症乳腺炎,乳腺繊維腺腫などがあり,鑑別を要する。乳房を平手で軽くおさえて限局性のしこりが触れるときには専門医をたずねる必要がある。視触診検査より有効性が高いX線によるマンモグラフィー検査が2000年ころから推奨され,またその欠点を補うため超音波検査も取り入れられている。治療は,周辺組織・リンパ節を含め乳房全体を切除する定型的乳房切断術が標準になっているが,欧米では早期の場合,胸の筋肉を切除しない非定型的乳房切断術が行われ,日本でも普及してきている。また乳頭や乳房を切除しない乳房保存手術も行われるようになってきている。放射線治療ホルモン療法を併用する。早期の乳癌では約80%が手術により根治する。
→関連項目塩酸イリノテカンサーモグラフィー専門人間ドック乳房温存療法ホルモン補充療法マンモグラフィー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうがん【乳癌 breast cancer】

乳腺から発生する,いわゆる乳房の癌(ちなみに癌のことを英語でcancer,ドイツ語でKrebsといい,いずれも動物のカニを意味する語句を用いるのは,癌に冒された乳房の外観が,カニがへばりついているように見えることに由来するという)。乳癌はヒトだけでなく,哺乳類にみられる。ヒトの乳癌は白人に多く,黄色人,黒人には少ない。ちなみに,1981年に癌で死亡した女性のうち,乳癌の占める位置はアメリカでは1位であったが,日本では胃癌,肺癌,子宮癌,肝癌に次いで5位であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にゅうがん【乳癌】

乳腺に発生する癌。乳房内に痛みのないしこりができ、変形やくぼみなど外見上の変化を起こす。皮膚と癒着し、進むと潰瘍かいようを形成。腋の下、鎖骨の上などのリンパ節への転移が、割合早い時期からみられ、離れた場所にも達する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳癌
にゅうがん
breast cancer

乳腺(にゅうせん)から発生する、乳房の癌で、自己検査法によって早期発見が可能な癌である。
 日本女性では10万人に約38.8人(年齢調整罹患(りかん)率、年齢構成の差の影響を除いて比較するため5歳単位で調整した罹患率)、日本全国では年間約3万5000人の乳癌患者が発生している。男性の乳癌はまれで、女性の約500分の1である。[山本泰久]

罹患率の傾向

乳癌罹患率(年齢調整罹患率)は、日本では1975年(昭和50)17.0、80年19.6、85年24.8、90年(平成2)26.5、95年38.8となっており(『がん・統計白書』1999年版)、1970年代まではほぼ横ばいであった乳癌発生率は、死亡率とともに1980年ごろから増加傾向を示し、97年には1960年の約5倍となった(厚生省編『人口動態統計』)。50歳代の比較的若い時期にピークがあることが特徴的で、今後の検診、予防活動などが注目されている。生活様式の西欧化に伴い乳癌発生率が上昇しており、食生活と関係が深く、その国での脂肪性食品の消費量に比例する。また、初婚年齢、50歳代女性の肥満指数が乳癌死亡率と同じ傾向を示している(富永祐民ほか著「乳癌の疫学的動向」)。
 日本女性の乳癌死亡率(人口10万人当り年齢調整死亡率)は、先進国のなかでもっとも低く、WHO(世界保健機関)の調査(1996)では、日本13.2、アメリカ32.7、カナダ32.9、フランス36.3、ドイツ44.5、イギリス47.2となっている。なお、日本女性の癌死亡率を部位別にみると、胃、大腸、肺、肝臓、乳房の順で、乳癌死亡者数は9652人(厚生労働省『人口動態統計月報年計』平成13年)である。
 乳癌罹患率を環境因子からみると、ハワイ在住日系人72.9、白人96.5、サンフランシスコ在住日系人68.4、白人103.0(人口10万人当りの年齢調整罹患率)となっており、食生活の影響が大きいことを示唆している。
 乳癌の危険因子(なりやすい要素)は12歳以下で初潮のあった女性、閉経が55歳以後の女性は2.2~2.8倍、また初産年齢が24歳以下の人0.5~0.6に対して未産婦1.0、35歳以上の高齢初産婦1.22、さらに授乳したことのない人、母親や姉妹などに乳癌があった人は2.5~3.0と危険率が高くなっているほか、避妊薬ピル、女性ホルモン、副腎(ふくじん)皮質ホルモンを常用している女性や放射線を25歳までに比較的多く(50ラド以上)浴びている人も危険率が高い。[山本泰久]

症状

腫瘤(しゅりゅう)(しこり)を触れるものが78%、授乳と関係のない乳頭からの分泌物(血性、乳性、水様性など)がみられるものは9%であり、87%は自分で発見できる。腫瘤は1センチメートル以下、とくに5ミリメートル前後では悪性と判断しにくい。初期の乳癌はかならずしも硬い腫瘤ではないが、一般には1センチメートル以上になると大部分は硬く、表面がごつごつしてくる。2センチメートル前後になると、えくぼ様のくぼみができ、乳頭が腫瘍の方向に引っ張られるような牽引(けんいん)症状(奥へ引き込まれたり、左右対称でなくなる)がみられる。
 腫瘤が3センチメートル以上になると、腋窩(えきか)(わきの下)のリンパ節に転移して硬いリンパ節を触れることが多いが、さらに大きくなると、皮膚や胸筋に癒着し、潰瘍(かいよう)をつくるようになる。癌が進行すると鎖骨上リンパ節や肺、肝臓、骨、脳などに転移するものもある。子宮と関係があると考えている女性が多いが、これは誤りで、子宮とは関係がない。[山本泰久]

診断と治療

1980年ごろから専門分野として乳腺外科が設けられ、診断と治療が行われるようになってきた。視診や触診をはじめ、乳房専用X線撮影(低エネルギーX線によるマンモグラフィーmammographyやフィルムのかわりに半導体のセレンをアルミ板につけたものを感光板として撮影するゼロラジオグラフィーxeroradiography)のほか、超音波診断や穿刺(せんし)細胞診などで正確に診断できるが、穿刺細胞診で確診が得られない場合は、試験切除により組織診断を行う。現在は手術が唯一の根治療法である。
 根治手術では乳房、胸筋を含めて乳房に関係のあるリンパ節を完全に取り除く定型的乳癌根治術(1900年初期~)、さらに根治性を高めるため肋(ろく)軟骨下の胸骨傍リンパ節、鎖骨上リンパ節を切除する拡大根治術(1960年~)、胸筋を残す縮小手術(1970年~)、また2センチメートル以下の小さな癌では、癌腫を含めて周囲に乳腺組織を2センチメートルくらいつけて切除する乳房温存手術(1975年~)が行われている。1975年ごろからは胸筋を残す縮小手術が60~70%、乳房温存手術が30~40%、少数ではあるが、術後乳房形成手術も行われるようになった。温存手術後の補助療法として、局所再発を防ぐ目的で放射線療法が行われることが多いが、手術が病理学的に完全に行われた場合、照射は必要ないという意見もある。
 臓器転移を防ぐためには抗癌剤の全身投与が有効である。数多くの新しい抗癌剤が開発されているが、抗癌剤は副作用があるにもかかわらず治療効果期待値は25%程度である。また、ホルモン依存性のある癌(女性ホルモンに影響される癌)にはホルモン療法(内分泌療法)が行われる。これには、抗ホルモン剤(女性ホルモン活性を抑制するもの、女性ホルモン分泌を止めるもの)による内科的ホルモン療法と卵巣摘出を行う外科的ホルモン療法があるが、1980年代になって有効な抗ホルモン剤が開発されて以来、外科的ホルモン療法はほとんど行われなくなった。ホルモン療法が有効な乳癌は全体の3分の1くらいあり、手術の際に摘出した癌組織でホルモン依存性を調べる。組織学的にリンパ節転移のある乳癌の術後補助療法として予防的ホルモン療法(抗ホルモン剤投与)が行われ、3年以上の投与で予後の改善がみられている。進行、再発乳癌に対しては治療的ホルモン療法が行われるが、有効な場合は50%の治療効果が期待できる。免疫療法は有効と判断できる結果は得られていない。ヒトゲノムhuman genome(遺伝子)の解析が完成し、乳癌と関係のある遺伝子もかなり明らかにされており、遺伝子治療の進歩に大きな期待がもたれている。2010年ごろには予防的治療の主流になる可能性が高い。[山本泰久]

予後と展望

日本女性の乳癌による死亡数は1955年1572人、65年1966人、75年3262人、85年4922人、90年5848人、95年7763人、2000年9171人、2001年9652人(厚生労働省『人口動態統計』による)と増加傾向がみられる。乳癌の予後は、腫瘤が小さくリンパ節に転移のない初期の場合は良好であるが、癌が進行するにつれ手術後の生存率は低くなり、腫瘤が乳房の範囲以外に広がり、ほかの臓器に転移している場合はよくない。
 乳癌の治療は、早期に発見し、確実な手術を行い、術後に適切な補助療法を加えることに尽きる。日本人の平均的な乳房では、5ミリメートル前後の小さい腫瘤を自分でみつけることも可能であり、自己検査法の普及が重要である。先に述べた遺伝子情報からの診断法や、乳房撮影像をコンピュータで解析する研究(宇宙衛星の映像から正確に目標をとらえるのと同じ手法)が進んでおり、2005年ごろには実用化されると考えられる。
 早期乳癌では、乳房温存手術が可能であり、形成外科の進歩により術後の乳房形成術も可能となってきた。手術手技の進歩、副作用の少ない有効な抗癌剤の開発、ホルモン療法や遺伝子療法など、癌治療の進歩とともに美容形成上の問題も解決されることが期待される。[山本泰久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

内科学 第10版の解説

乳癌(乳腺疾患)

定義・概念
 乳腺は汗腺組織の1つであり,新生児に乳汁を通じて栄養や免疫力を与えることを目的とする機能臓器である.この乳腺組織に発生した悪性腫瘍を乳がん(breast cancer)という.“乳がん”は肉腫などを含むすべての乳腺悪性腫瘍を示す.“乳癌”は狭義には上皮性悪性腫瘍(癌腫,carcinoma)のみを指す.
分類
 乳腺に発生する腫瘍は上皮性腫瘍,非上皮性腫瘍,それらの混合腫瘍に分類される(表12-19-1).乳癌は上皮性悪性腫瘍であり,非浸潤癌と浸潤癌に大別される.非浸潤癌は非浸潤性乳管癌と非浸潤性小葉癌に分けられる.浸潤癌は通常型の浸潤性乳管癌と特殊型に分類される.通常型浸潤性乳管癌は浸潤癌の約90%を占め,わが国では浸潤様式,分化度によってさらに乳頭腺管癌,充実腺管癌,硬癌に細分類される.約5%が小葉癌である.乳房Paget病(Paget’s disease)は乳頭・乳輪部の表皮内進展を特徴とする乳癌の一亜型である.
原因・病因
 乳癌の罹患リスクには,早い初潮,遅い閉経,少ない出産・授乳経験,閉経後の肥満,閉経後のホルモン補充療法など,女性ホルモンの増加や暴露期間延長に関連するものと,乳癌の家族歴・既往歴,BRCA1/2遺伝子の異常など遺伝性関連のものがある.また,放射線被曝,増殖性乳腺疾患の既往,生下時体重が重い,アルコール,喫煙歴などいくつかの因子があげられる.
疫学
 欧米では罹患率,死亡率ともに減少傾向であるが,わが国では罹患率において30年間で5倍に増加し,死亡率も増加傾向である.女性の癌において,罹患率1位,死亡率5位である(2009年).他臓器癌と比較し,若年で発症することが特徴で,罹患の好発年齢は40歳代後半,死亡年齢は60歳代前半が最も多い.男性にも乳癌は発生し,罹患の男女比率はおおよそ1:100といわれている.
臨床症状
 乳房のしこりを主訴に受診することが最も多く,そのほかに乳房の痛み,乳頭からの異常分泌やびらんなどの症状が受診の契機となる.乳房の痛みと乳癌の存在は必ずしも関連しない.進行した乳癌では,腫瘤上の皮膚の陥没,浮腫,発赤,潰瘍形成などがみられることがある.腋窩のリンパ節腫脹のみや,乳房に腫瘤は触知しないが画像検査でのみ病変が指摘できる場合もある.
診断
 視触診,マンモグラフィ検査(図12-19-1),乳房超音波検査(図12-19-2A),乳房MRI検査などで乳房内病変の存在診断を行う.確定診断には病理学的検査が必要であり,穿刺吸引細胞診,分泌物細胞診,針生検,吸引式乳房組織生検などを実施する.マンモグラフィのみで同定できる微細石灰化病変の場合も,マンモグラフィガイド下で生検を実施することで確定診断が可能である.遠隔転移検索として,CT検査や骨シンチグラフィ検査,FDG-PET検査などが実施される.乳癌で増加する血液中腫瘍マーカーには,CEA,CA15-3などがある.遠隔転移を伴うような進行癌以外で診断時に増加することはまれである.
 分子生物学的な診断として,乳癌組織のエストロゲン受容体(ER),プロゲステロン受容体(progesterone receptor:PgR)の発現の有無により,ホルモン受容体陽性・陰性乳癌に分類する.また,ヒト上皮増殖因子受容体2型(human epidermal growth factor receptor type2:HER2)の有無によりHER2陽性・陰性乳癌に分類する.
鑑別診断
 表12-19-1にある乳腺の腫瘍性病変が鑑別診断となる.乳管内乳頭腫,線維腺腫,正常乳管の局所的な増殖性変化である乳腺症などが鑑別診断の対象となる.このほか,腫瘤の増大傾向の強い病変として葉状腫瘍(良性・悪性),肉腫(悪性)も念頭におく.
治療・予防
 手術療法,放射線療法,薬物療法などを組み合わせて治療を行う.手術療法は乳房と腋窩の手術からなり,原発巣の大きさや広がりから乳房部分切除術,もしくは乳房切除術を行う.腋窩に対しては,リンパ節への転移状況からセンチネルリンパ節生検,腋窩郭清術などを実施する.乳房部分切除術では残存乳房に対し,高度リンパ節転移例では胸壁,領域リンパ節に対する放射線治療を行う.
 全身薬物療法としては,化学療法(アントラサイクリン,タキサン系製剤など),ホルモン療法,分子標的療法が行われる.ホルモン受容体陽性乳癌にはタモキシフェンやアロマターゼ阻害薬などのホルモン療法の効果が期待できる.これらのホルモン療法薬は治療効果のみではなく,新規の乳癌発生を予防する効果ももつ.HER2陽性乳癌にはトラスツズマブ,ラパチニブなどの抗HER2療法薬が分子標的療法として選択される. 遠隔転移巣(骨,軟部組織,肺,肝,脳など)に対しては薬物療法が中心だが,病状により放射線治療も行う.
予後
 全国がん(成人病)センター協議会加盟施設における1997~2000年診断例の5年相対生存率は,Ⅰ期 98.2%,Ⅱ期 91.5%,Ⅲ期 67.8%,Ⅳ期 31.5%で全体では87.3%であった.[佐治重衡・戸井雅和]
■文献
京都大学大学院医学研究科外科学講座編:外科研修マニュアル,第2版,pp327-347,南江堂,東京,2009.
日本乳癌学会編:乳腺腫瘍学,pp11-68,金原出版,東京,2012.
日本乳癌学会編:乳癌取り扱い規約 臨床・病理 第17版,pp22-34,金原出版,東京,2012.

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

世界大百科事典内の乳癌の言及

【癌】より

… 癌は,ギリシア語でkarkinos,英語でcancer,ドイツ語でKrebsといい,いずれもカニが原義である。乳癌は頻度が多く,また外からよく見える。癌が大きく増殖し,リンパ管を通じて周囲に広がり,また血管が怒張しているありさまが,あたかもカニがへばりついたように見えたため,この言葉が用いられるようになったといわれる。…

【骨転移癌】より

…まれには,どこに生じたか原発巣不明の癌が骨に転移を生じ,骨の症状のみが出現し,原発性の骨腫瘍と間違われることもある。 骨に転移を生じやすい癌の筆頭は乳癌で,まれには治療後10年を経過して骨に転移を生じることもある。癌の骨転移の症状は転移部位の疼痛が主であるが,そのほか腫張,病的骨折,脊椎転移による脊髄麻痺などがある。…

※「乳癌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乳癌の関連情報